40代からの転職に失敗しないための転職術

40代が転職に失敗する典型的な特徴を教えます。転職が失敗して絶望している中高年の多くが、転職市場の背景を学ばずに行動を開始してしまっています。人材紹介会社に断られないためには?ハローワークの有効な活用法とは?40代の履歴書はどのように書けばよいのか?自己PRできるネタがない場合はどうすればよいのか?等具体的に説明しています。

40代からの転職が失敗しないための応募術

f:id:omega323:20171124010231j:plain

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤です。

 

40代の自分は、能力も経験も20代・30代に負けていないのに、何故転職サイトやハローワークの求人は20代・30代が中心なのか?不満に思ったことはありませんか?

 

私も同じように世の中の不条理を感じていた一人でした。

 

40代転職が失敗しないために活用すべき孫子の兵法とは?

「 戦わずにして勝つ 」とは孫子の有名な兵法の1つです。

 

近年、孫子の兵法がビジネスや経営戦略としての観点からも注目されています。

 

この孫子の兵法をもとにして考えられたのが「 ランチェスターの法則 」です。

簡単に言えば、強大な敵を相手に戦う戦法や弱者が強者に勝つ法を徹底して考えられた戦略です。

 

40代からの転職者は

 

強大な敵 = 20代・30代の転職者、超人のような職歴を持つ40代の転職者 

弱者   = 年齢や過去の職歴の不利な条件を抱える40代の転職者

 

と考えて就職活動をするべきだと私は考えています。

 

つまり、他の求職者と同じ求職方法、同じ土俵に乗っていたのでは、書類選考を通過することは困難であると考えるのが妥当です。

  

「 ゲリラ戦法 」と言えばもっと分かりやすいでしょうか? 

 

40代が20代30代に勝るには正攻法では勝ち目がない

通常は、求人情報にはさまざまな諸条件が設定されています。

 

年齢・学歴・職歴・資格・免許、加えて40代・50代の転職者には管理職経験が必須であるるとか、年収が500万円~600万円であるとか、転勤の有無についてであるとかです。

 

40代の転職が失敗しないための正しい戦略(応募術)は

これらの条件は一切無視することです。

 

たとえば、契約社員やパートタイムやアルバイトの求人でも応募の対象となります。

ただし、気を付けなければならないのが派遣労働者で、派遣社員は直接雇用にならないので、応募の対象としてはなりません。

 

たとえば、年収についても、私が転職を経験した時を例に挙げますと、40代で総務マネージャー職を探していました。

私は希望年収を前職と同じ500万円以上と考えていましたが、人材紹介会社以外で応募できる求人は皆無に近かったのを覚えています。

しかし、色々と情報を整理していく中で、希望年収さえ無視してしまえば、応募できる求人は無数に存在することが分かったのです。

 

つまり、直接雇用の求人で、職種さえ合っていれば、基本的にその他の条件は全て無視して応募していくのが正しい戦略と言えます。

 

「 本当は500万円欲しいけど、採用条件は300万か、応募は厳しいな 」

「 私は43歳だが、求人情報の年齢は40歳までとなっている。応募するのは非常識だろうか… 」

 

など一切心配する必要はありません。

総務という仕事の路線で行くなら、管理職であれ、平社員であれ、パートタイム・アルバイトであれ、契約社員であれ、応募していくということなのです。

 

40代からの転職が失敗する前に、正しい戦略と方法論を学んでみませんか?

そんな方法は非常識だろ!とお叱りを受けることがあります。

しかし、考えてみてください。

 

インターネットがない時代は、みんな直接郵送応募していたんです。

それに、郵送応募は絶対受け付けません!なんて記載をしている転職サイトがありますか?少なくとも、私は見たことがありません。