40代からの転職に失敗しないための転職術

40代が転職に失敗する典型的な特徴を教えます。転職が失敗して絶望している中高年の多くが、転職市場の背景を学ばずに行動を開始してしまっています。人材紹介会社に断られないためには?ハローワークの有効な活用法とは?40代の履歴書はどのように書けばよいのか?自己PRできるネタがない場合はどうすればよいのか?等具体的に説明しています。

40代が面接でうまくいかない理由はコミュニケーション力が低いから

f:id:omega323:20180405215252j:plain

「 面接で会話が途切れて気まずい思いしてしまいました 」と後悔する40代の転職者にお会いする機会が非常に多いです。

自分をさておいて、こういうことを申し上げるのは失礼と思うのですが、40代以降のエグゼクティブの方たちの中にはコミュニケーション能力が不足している方が多いです。

それのに「 私はコミュニケーション能力が高い 」とうたっている人が圧倒的に多いのには驚かされます。

私がコンサルした中で「 この人の会話能力はすごいな 」と思える人は1割にも満たないのが現実です。

エグゼクティブのコミュニケーション能力とは何か、ぜひ理解していただきたいと考えています。

 

コミュニケーション力=一方的にしゃべることではない

最初に、コミュニケーション能力とは自分のことばかり流暢にしゃべることではありません。ここを誤解していては面接で失敗してしまうばかりです。

面接の場合を想定してみてください。面接ではいろいろな質問をされますが、自称コミュニケーション能力が高い系の40代は、面接官の前に着席してから帰るまで、自意識過剰です。

 「 職務履歴書は細部まで目を通していただいているんでしょうね? 」から始まり「 何でも質問してください、機密事項以外は答えますから 」などと、自分の長所や過去の栄光をひけらかしながらあれこれしゃべり続けます。

 新卒だったら「 社会経験がないし仕方ないな 」と思われるかもしれませんが、中途採用の40代はそうはいきません。

 

コミュニケーション力=相手を気遣い好きになること

40代以降の中高年エクゼクティブに求められているコミュニケーション能力とは、まず第一に相手に気配りができているか否かということに他なりません。コミュニケーション能力不足の人は、みっともないから大事な席に出せないのが現状なのですが、それを自覚できない方は非常に多いです。

 面接でも商用でも、企業訪問をしたら、その会社の名前や場所を頭に叩き込んでおき、会社の印象や人々の行動をすぐさま察知できる感性が必要なのです。

 それゆえ、採用試験に臨むときに、受付の女性に対しても、お茶を出してくれた女性に対しても、出しゃばり過ぎないように自分からコミュニケーションをとって、相手を気遣う余裕と意欲が必要なのです。

 理想を言ってしまえば、面接官を巻き込むぐらいのパワーが欲しいところですが、現実的にはなかなか難しいと言えるでしょう。

 一方的に聞かれた質問に、ただ単に機械的に答えているようでは、幹部クラスの面接を通過することは難しいと断言できます。

 

元上司から学んだコミュニケーション能力

私の元上司は、四六時中しゃべっていないと死ぬんではないか?と思われるぐらい話すのが好きな方でした。とにかく手を動かさずにしゃべりまくる。商談で営業が来ようものなら、終礼のチャイムが鳴ってもしゃべりまくる。

彼とは10年以上一緒に仕事をしてきましたが、TOP考えずにしゃべりまくるので正直「 うっとおしい上司 」としか考えていませんでした。

 ただ、彼は自分のことをアレコレ一方的にしゃべりまくっているのではなく、言葉のキャッチボールを始めるのです。相手や周りを巻き込んで会話を成立させる能力が高かったんだなと、お互いにリストラされて離れ離れになった時、初めて気付かされました。

 私の経験ですが、面接がスタートして挨拶が済み、いざ面接に入る前に「 ここから見える風景は最高ですね 」などと間髪入れずに誉めるのです。すると大抵の場合「 ええ、春になれば桜が満開だからこの会議室からの風景は最高ですよ 」となります。

そういう流れで面接に入っていくと、お互い緊張もほぐれてスムースに会話が進むのです。

 

 つまりコミュニケーション能力とは、相手を気遣い、興味を持ち、好きになる努力をすること。

 

これが理解できていて習慣化されている40代はコミュニケーション能力が高いと言えます。二度と来ることががない出先で、ガソリンスタンドやコンビニの店員に「 この辺りは空気がおいしいですね、羨ましい 」と自然に言える人なのです。

 

こういうコミュニケーション能力のあるなしで、幹部としての採否は大きく左右されてしまいます。採用後、新天地での仕事の成果や居心地にも密接に関わってくることですから当然とも言えるでしょう。