40代からの転職に失敗しないための転職術

40代が転職に失敗する典型的な特徴を教えます。転職が失敗して絶望している中高年の多くが、転職市場の背景を学ばずに行動を開始してしまっています。人材紹介会社に断られないためには?ハローワークの有効な活用法とは?40代の履歴書はどのように書けばよいのか?自己PRできるネタがない場合はどうすればよいのか?等具体的に説明しています。

採用の裏側を熟知した40代総務人事職が転職に失敗しなかった理由とは?

ようこそ!40代からの転職に失敗しないための転職術へ!
転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤と申します。

 某製造会社で総務人事職をやっていましたが、12年目にしてある日突然のリストラ。

待てども待てども面接通知が来ない転職エージェント、何度応募してもお見送りメールラッシュの転職サイト、ハローワークって国の機関でしょ?何で冷たくあしらわれるの?ちゃんと支援してよ!

私達リストラされた40歳代以降の中高年は、思うように転職できないことに苛立ち、20代30代が次々と転職を成功するなかで、ある者は絶望し、ある者は鬱を発症し、ある者は引きこもりになってしまうのでした。

そんな私達には妙な連帯感が生まれ始めていました。転職サイトはどうすればオファーが来るようになる、転職エージェントに門前払いされずに登録する方法、ハローワークの攻略法など、50人のオヤジ達が一致団結し、次々と攻略法を共有し始めました。

そこで見えてきたのが、世の中で一般的に言われている転職方法と、実際のそれとにズレが生じている事実。

いわゆるWEB応募にはある弊害が存在していて、無駄な競争を回避して応募するにはある方法が存在すること。

1人が思いつけば全員で共有して実行する、こんな試行錯誤を重ねた私達50人は1年間という長い歳月をかけて全員が無事正社員として新しい道を歩める運びとなりました。

本当に辛くて長い1年でした。

役職ナシ、コネなし、転職歴多しの私が40歳代で転職を成功させた正しい戦略と計画を伝授します!

今の世の中、情報が氾濫しすぎて間違った方向に走ってしまう中高年が後を絶ちません。