40代からの転職に失敗しないための転職術

40代が転職に失敗する典型的な特徴を教えます。転職が失敗して絶望している中高年の多くが、転職市場の背景を学ばずに行動を開始してしまっています。人材紹介会社に断られないためには?ハローワークの有効な活用法とは?40代の履歴書はどのように書けばよいのか?自己PRできるネタがない場合はどうすればよいのか?等具体的に説明しています。

晴れて転職後40歳代が短期で離職する衝撃の理由

f:id:omega323:20180430170202j:plain

内定ももらっていないであろう40代中高年に、是非知っておいて欲しいことがあります。転職活動中であっても、入社後のイメージトレーニングとして読んでいただければ幸いです。

 私は40代前半でリストラされて転職活動を行い、1年間で8社から内定をもらい、4社に再就職を果たしました。(うち3社は試用期間内に離職)

 私を含め、せっかく転職できたのに残念ながら辞めてしまった人のパターンは往々にして4つに分類できてしまいます。

 

採用されたが仕事ができなかった中高年

中高年にもなってそれなりにキャリアを積んできただろうに、何故そんなにレベルが低いのか?と思われるかもしれませんが、実は結構な数いらっしゃいます。

 何故仕事ができないのかという理由について、要はもともと大企業内で仕事をしてこなかった人々がこれに当たります。部下が実質的な仕事をやっていて、本人はやらないからできない、できないからやらない、やらせても遅い間違うとう無限スパイラルに陥った人々。

 

本当はできるけどやらない中高年

仕事できるんだけどやらない困った中高年もいらっしゃいます。中途採用であっても本来は新入社員と同じ気持ちで臨まなければならないのに「 こんな薄給でやってられるか 」と、まぁ全力を出す必要はないかぐらいの感覚でいる人達です。

 ある意味、世間を舐めているタイプの人種ですが、いつまでたっても成果を出すことはなく、結局職場に居ずらくなって辞めていくのが現実でしょう。

 

会社に批判的な中高年は最も嫌われる

私自身、反省しなければならないのですが、「 すべて批判的に物事を比較してしまう 」人達です。過去の職場での経験を重視しすぎるあまり、何もかもそれとの比較でしか考えられない人のことを指します。

 郷に入れば郷に従えということわざがあるように、新参者の自分自身がその職場に馴染んでやっていかなければならなかったのに、「 このやり方は非効率だ 」とか「 私ならもっと違う最新のやり方でやる 」とか散々意見してしまい、反感をかってきた。

 ついつい大企業の恵まれた環境と比べてしまうため、中小企業はどこもかしこもダメに見えてしまう。社長も悪ければ、社員も考えが古すぎて使えない。商品に工夫もなければ市場調査も甘すぎる。

 職場のアラを探すことで、自分ができない理由を正当化しようとしてしまう。

大人として人間として、親として、ダメだった自分を猛省しているが故に、同じ間違いに陥ろうとする中高年が失敗してしまう前に、せっかくのチャンスを無駄にしてしまわないように、祈るばかりなのです。